Jollyの100の挑戦~Live a life you will remember~

世界的DJ・AVICIIに魅了されたJollyが、人生を楽しく刺激的に過ごすため100個の目標・挑戦を立て、それにチャレンジするブログです。

【男飯】初めてアクアパッツァを作ってみた

こんにちは、JOLLY【ジョリー】です。

 

今日は、スキレットを使ってみたかった料理・第二弾アクアパッツァを作ってみました。

本来ならばメバルを使って作りたかったのですが、残念なことに今日は売ってなかったので代役のキンキを使い作っていきます。

f:id:JOLLY:20210515191707j:plain

 

ではレッツクッキング!!

 

まずは、キンキの下処理をしニンニクはみじん切りにしていきます。

f:id:JOLLY:20210515191716j:plain

スキレットにオリーブオイルをひき、みじん切りにしたニンニクを香りが出るまで温めその後キンキを入れます。

焦げ目がついたらひっくり返してアサリを投入します。すかさずミニトマト白ワイン・水を入れ蓋をして20分ほど煮込みます。

 

数分後・・・完成しました!!

 

f:id:JOLLY:20210515191724j:plain

蓋を開けた瞬間、家中が今までに嗅いだことがないようないい香りで充満しています。

 

味はいかに??

まずはスープから飲んでみると、魚やアサリから旨味が出て溶け込み、白ワインのおかげでコクも出てとても上品なスープになっており美味しいです。

f:id:JOLLY:20210515192027j:plain

魚は弱火でじっくりと煮込んだことにより、身がホロホロと崩れ口の中ではとろけるような美味しさです。

味もしっかり残っており、噛めば甘みが感じられスープともマッチし旨味の相乗効果でここ最近食べた魚料理の中で一番美味しいです。

 

ただ1つ残念なこと・・・それはニンニクが焦げてしまいその苦みが時折顔を覗かせて美味しさの邪魔をしていることです。次回はもう少し時間を考えて作っていきます(汗)

 

 

では、今日はこの辺でまた!!

【ラーメン探訪記】麺屋 さくま:パワー麺

こんにちは、ラーメン界の「海原雄山ことJOLLY【ジョリー】です。

JOLLY【ジョリー】のラーメン探訪記

 

第二十弾は、福島県南相馬市にある『麺屋 さくま:パワー麺』です。

f:id:JOLLY:20210212213434j:plain

今回で訪問は4回目!!すっかり「麺屋 さくま」の虜になってしました(笑)前回は『まぜパワー麺』をいただきました。

 前回の記事をまだ読んでいない方は是非下記のリンクよりご覧ください。

jolly-100challenge.hatenablog.jp

 

いざ・・・実食!!

 

久々のパワー麺。やはり最初はニンニクなしでスープからいただきます。

口いっぱいに動物系の旨味を一番に感じ、その後甘辛く美味しい醤油ベースのパンチがきました!!

やはり、「麺屋 さくま」のパワー麺は上品で美味しいですね。

※決して二郎が『上品じゃない』と言っている訳ではありません。

けど今日のパワー麺は若干しょっぱい気がします・・・

 

 

別皿のニンニクをスープに溶かして麺もスープも食べていきます。

f:id:JOLLY:20210213151732j:plain

ニンニクを入れた途端、これまでの顔を180°変え、ニンニクがガツンと来る感じの味になり麺もモチモチして食べ応えが十分で最高です!!

 

ごちそうさまでした。

 

f:id:JOLLY:20210213152933j:plain

【お店情報】

  • 住所:〒979-2442 福島県南相馬市鹿島区横手川原10−3
  • 営業時間:昼11:00~15:00 夜17:30~21:00
  • 定休日:月曜日
  • 電話番号:0244‐26‐7455

※5月31日まで夜の営業は県の要請により20時まで時短営業になっていますのでご注意を

 

【日記】12日発売のスターバックスの新作を買ってきました!!

こんにちは、JOLLY【ジョリー】です。

 

今日は13日、実は昨日12日にスターバックスにて新作が出た!!という情報を仕入れたので早速買ってしました!!

 

今回の新作は『ストロベリーフラペチーノ』です。

 

f:id:JOLLY:20210513203644j:plain

見た目からし白とピンク色のコントラスト鮮やかで可愛く堪らないですね!!

では、早速飲んでみます。

 

容器の底に沈殿していた濃いストロベリーソースにより、いきなり苺の甘酸っぱい味と香りが飛び込んできました!!

まるで本物の苺を食べているかのような錯覚に陥ります。(笑)

 

茶番はここまでにして、ここでしっかりと混ぜてから飲んでみます。

すると今回は、甘めのミルク甘酸っぱいストロベリーソースマッチし絶妙的なハーモニーを奏でくれ、変に甘過ぎず何口でも飲みたくなる味です。

 

飲んでいて気付いたことがあります。今回の新作はノーマル状態で飲んでも十分美味しいですが、トッピングでチョコチップやチョコソースを選択して飲んでみても、さらに美味しくなると思いました。

 

なので、次回チャレンジしてみたいと思います。

 

では、今日はこの辺でまた!!

【グルメ探訪記】中華料理 鳳翔:マーボーチャーハン

こんにちは、グルメ界の「海原雄山ことJOLLY【ジョリー】です。

JOLLY【ジョリー】のグルメ探訪記

 

第二十七弾は、福島県いわき市にある『中華料理 鳳翔:マーボーチャーハンです。

 

f:id:JOLLY:20210512210619j:plain

麻婆豆腐とチャーハンがセットで一皿になんて幸せなことです。

 

いざ・・・実食!!

 

まずは麻婆豆腐からいただきます。

麻婆豆腐はしっかりとしたあんかけによりアツアツです。(汗)

f:id:JOLLY:20210512210547j:plain

熱いのを我慢して一口食べてみると、見た目以上に辛くはないですが香辛料がピリッと程よくします。特に山椒の辛さと香りが効いています。

麻婆豆腐といえばひき肉をイメージしますが、こちらのお店では細切りの肉をしており豆腐に負けないくらいの存在感をしており、辛さと肉の旨味がマッチし美味しいです。

 

続いてチャーハンへ手を進ませていきます。

f:id:JOLLY:20210512210723j:plain

チャーハンは具材がタマゴだけのシンプルな卵チャーハンで、味付けも麻婆豆腐に合わした比較的薄味の味付けをしており、麻婆豆腐の口にとても合います。

 

ここで禁断麻婆豆腐とチャーハンを混ぜて食べてみます。

すると何ていうことでしょう!!これを料理自身が待っていたかのような味です。チャーハンの薄味に濃い目の麻婆豆腐がマッチし最高です。

そして麻婆豆腐に入っていた細切りの肉が具材がタマゴしかないチャーハンに合流してここにきて存在感をさらに増して統一感がハンパないです。

 

f:id:JOLLY:20210512210557j:plain

お店の入り口には食品サンプルが展示しており、いかにも町中華店という感じがして親近感があります。

 

ごちそうさまでした

 

f:id:JOLLY:20210512210605j:plain

【お店情報】

  • 住所:〒970-8026 福島県いわき市平白銀町6−9 高橋ビル 1F
  • 営業時間:11:00~22:40
  • 定休日:
  • 電話番号:0246-23-0251

 

【ラーメン探訪記】春木屋 郡山分店:つけ麺(しょうゆ味)+青菜肉めし

こんにちは、ラーメン界の「海原雄山ことJOLLY【ジョリー】です。

JOLLY【ジョリー】のラーメン探訪記

 

第十九弾は、福島県郡山市にある春木屋 郡山分店:つけ麺(しょうゆ味)+青菜肉めし』です。

f:id:JOLLY:20210511211554j:plain

今日は久々の郡山遠征です。

 

いざ・・・実食!!

 

まずはつけ麺とは言えスープから一口いただきま・・・と飲んでみる前にレンゲを入れた瞬間ビックリしたことがあります。

それは・・・めちゃくちゃ脂の量がハンパない!!厚さにして1㎝くらいは表面に浮いております。(汗)

f:id:JOLLY:20210511211620j:plain

脂の壁をくぐり抜けてスープにたどり着き飲んでみると、ドロドロしたつけ麺のスープではなくサラサラしたスープで、味は醤油タレのしょっぱいだけではなく甘さ前面に出ており絶妙的なハーモニーを奏でてます。そして様々な胡椒が入っているようでスープの旨味にピリッとした刺激を与えたことにより纏まり最高です。

香りも節系の香りが強く食べてて幸せになります。

 

続いて麺をいただきます。

麺は中太麺の極縮れ麺です。食べてみるとしっかりとした麺で、茹で時間も少し固めにされており食べ応えがバッチリです。

そして「これでもか!」というくらいの縮れ具合によりサラサラしたスープをしっかり絡めて口にやってきます。そのおかげで麺の旨味もスープの旨味もしっかりと味わえます。

 

f:id:JOLLY:20210511211602j:plain

つけ麺を堪能したので、サブイベント『青菜肉めし』を食べたいと思います。

食べてみると、肉の芯までしっかりと甘辛い味付けが染み込んでおり、肉自体も食べるとホロホロと崩れるほど柔らかいです。そして肉と一緒にトッピングされている青菜がアクセントになり飽きずに食べれます。

 

ごちそうさまでした。

 

 

【お店情報】

  • 住所:〒963-8025 福島県郡山市桑野2丁目16−13
  • 営業時間:昼11:00~14:30 夜17:00~19:30
  • 定休日:月曜日
  • 電話番号:024‐922‐0141

 

【男飯】ラムチョップソースのパスタ

こんにちは、JOLLY【ジョリー】です。

 

今日は男飯シリーズで前回作った、ラムチョップのトマト煮ソース』を使いパスタ」を作ってみました。

前回の記事をまだ読んでいない方は、是非下記のリンクを貼っておきますのでご覧ください。

 

jolly-100challenge.hatenablog.jp

 

レッツクッキング!!

と言ってもパスタを茹で、ソースはレンチンするだけなのでアッという間に出来上がりました。

 

f:id:JOLLY:20210510215058j:plain

 

では冷めないうちに、いただきます。

 

まずは、粉チーズをかけずにソース本来の味を楽しみたいと思います。

食べてみるとJollyが見込んだ通り、文句なしの味です!!

ソースを1日冷蔵庫で寝かしたことにより、少しトマトの酸味はあるものの全体的にまろやかな風合いになってます。

 

微かにラムの存在感を感じられますが、肉の旨味・脂の甘みが少なすぎるのが現状です。もう少し手抜きをせず、ひき肉をちゃんと炒めて追加すれば完璧なソースでした。

 

 

ソース本来の味を堪能したので、続いて粉チーズをかけていただきます。

 

f:id:JOLLY:20210510215050j:plain

 

粉チーズをかけたことにより、先程まであった酸味が軽減されてまとまりのある美味しいソースになりました。

さすがパスタと粉チーズは間違いなしの組合せです!!

 

 

今回はパスタにアレンジしてみて大成功でしたが、リゾットにしても間違いないと思われるので次回はリゾットにして食べたいと思います。

 

では今日は、この辺でまた!!

【男飯】ラムチョップのトマト煮

こんにちは、JOLLY【ジョリー】です。

 

今日は前回の記事にも書いてありますが、スキレットを購入しシーズニングが終わったので、スキレットを使って久々の「男飯」を作っていきたいと思います。

まだ前回の記事をまだ読んでいない方は是非下記のリンクよりご覧ください。

 

jolly-100challenge.hatenablog.jp

 

今回作る男飯はタイトルにも書いていますが、スキレットを買う前から構想していたラムチョップのトマト煮』です。

 

 

1.ラムチョップを常温に戻す。←これがとても重要!!

  ※肉を常温に戻すことにより肉の美味しさが増します。

  常温に戻している間に、玉ねぎとニンニクをみじん切りにします。

 

2.温まったスキレットにオリーブオイルを投入し、ラムチョップ軽く焦げ目がつくまで焼いていきます。

  ※肉は焼いたのち煮込んでいくので、中まで火が通らなくても大丈夫です。

f:id:JOLLY:20210509200021j:plain

 

3.焼き終えたら一旦ラム肉を取り出し、オリーブオイルを追加し弱火で香りが出てくるまでニンニクを熱します。香りが出てきたら玉ねぎを投入し透明になるまで炒めていきます。

f:id:JOLLY:20210509200248j:plain

 

4.炒めたら赤ワインを入れ、煮立たせたのちトマト缶・ラムチョップ・ナス・ブロッコリーを投入し、水・コンソメを加え、弱火で煮込みます。

f:id:JOLLY:20210509200329j:plain

ちょっと今回は目分量を誤り、溢れそうになってます(汗)

 

30分後・・・完成!!

 

f:id:JOLLY:20210509200347j:plain

見て下さい!!この美しいトマトの色と写真では伝わらないですが、すごくいい香りがしてます。

早速お皿に盛り付け食べてみましょう。

 

ー実食ー

 

f:id:JOLLY:20210509200416j:plain

まずは、煮込んだトマトソースからいただきます。

一口食べた瞬間、それぞれの旨味が爆発的に襲い掛かりめちゃくちゃ美味しいです。

最初に火の通ったトマトの旨味と程よい酸味がやってきます。その後、負けじとラムの脂の旨味と風味がやってきて、最後に野菜たちが美味しさを締めてくれます。

 

作る前はトマトと玉ねぎだけで考えていましたが、ナスやしめじ・ブロッコリーを追加したことにより、旨味が増して結果的に大正解でした。

 

続いて本命のラムチョップへかぶりつきます。

すると・・・最初に軽く焦げ目がつくまで焼き、煮込んだことにより外は焦げ目の美味しさが、中は噛めば噛むほど脂が出てきて、ジューシーでとても美味しいです。そしてトマトソース達と相性抜群で最高でした。

 

今回は自分の浅い知識と感、それと目分量で作った割には想像を超える美味しさで、自分自身でもビックリするような出来栄えでした。

また機会があれば作りたいと思います。

 

では、今日はこの辺でまた!!